リゾート物件など遠方に所有する不動産の処分について

不動産についてのご相談で比較的多いのが、リゾート物件や別荘地など遠方に購入した不動産についてです。

こういう物件は、できるだけ早く対処方法を決めなくてはなりません。

リゾートマンションや別荘など、建物があり管理が行き届いていれば売却の道もあります。
しかし、そうでない物件は資産価値が低く、売却は困難です。

ご依頼があれば、私が現地調査に赴くこともあるのですが、別荘用地の場合などは物件の特定すらできないことがあります。
不動産のプロである私が見てもわからないのですから、一般の方ならなおさらです。

売却が困難なために放置しても、固定資産税等のランニングコストがかかります。
資産価値が低い物件であれば、ランニングコストも微々たるものかもしれませんが、放置しても問題の先送りでしかありません。

放置した状態で相続が発生した場合、残された相続人たちはその対処に困ってしまうことでしょう。
誰も相続したがらないはずですから、押し付け合いになるかもしれません。

もし、そのような物件を所有しているのであれば、早々に現地を確認し、近隣の物件はどうなっているかを調査するべきです。
売り物件が出ているのであれば、その不動産を扱う不動産業者に問い合わせ、状況を教えてもらうこともできます。
あわよくば、一緒に売ってくれるかもしれません。

売れそうにない物件もあきらめてはいけません。
単に放置するのではなく、常に処分等の方法を模索し続けるのです。
その粘りが解決につながります。

関連記事

  1. 古い家の2階は使えなくなる!?

  2. 住まなくなった実家の管理 梅雨時期の注意点

  3. 親の老後、実家の管理はどうする?問題の解決方法とは?

  4. 賃貸物件の空室 長期化したら基本に戻ることが大事

  5. 空き家の性能と質に関する問題

  6. 郊外の空き家を貸した場合に起こり得る問題